髪の毛がスカスカになるという現象をご存知でしょうか?

これは髪の毛の空洞化ともいいますが、髪の毛がパサついたり、ツヤやハリが失われたり、抜け毛や切れ毛が多くなる原因になります。

要するに髪の状態が悪くなっていて、放っておくと薄毛やハゲの原因になります。

ヘアケア

髪の毛がスカスカになる仕組み

髪の毛がスカスカに空洞化するには段階があります。薄毛やハゲに悩んでいる人は、前段階で防げなかったという可能性があります。

薄毛の人もそうでない人も、メカニズムを知って髪の毛のスカスカを予防しましょう。

キューティクルが無くなる

髪の毛がスカスカになるには、前段階としてキューティクルの破損があります。

キューティクルは男性女性問わず同じで、外部の刺激から髪の毛を守る役割があります。毛根から毛先に向かって筍の皮のような構造をしています。

キューティクルが整っていればツルッとツヤのある髪の毛になっていますが、コームやくしの通りが悪い場合はキューティクルが破損しているかもしれません。

毛髪の空洞化

キューティクルが破損したまま放置すると、髪の毛の中のタンパク質や脂質がシャンプーをするたびに流出してしまい、髪の毛の内側が空洞化します。

これが髪の毛がスカスカという状態で、手櫛をするだけで髪の毛が切れたりします。

髪の毛のスカスカを避ける対処法

ビューティーヘア

キューティクルが失われて髪の毛がスカスカになると、いよいよ薄毛やハゲの予備軍ということになります。そうならないための対処法を紹介します。

髪の毛を乾燥させない

髪の毛も肌と同じように乾燥をさせないほうがいいのです。髪の毛の乾燥が一番起こりやすいのはドライヤーをする時です。

ドライヤーをする場合は、できるだけタオルで水分を取っておいて、熱風を当てる時間を短くしましょう。

また、熱風を当てたあとに冷風に切り替えてしばらく髪の毛に当てるとキューティクルが閉じて水分を逃がさないようにします。

UVケアをする

肌に紫外線があたるとシミやくすみの原因になりますが、実は髪の毛にも紫外線というのは悪影響を及ぼします。

髪の毛に紫外線が当たり続けるとキューティクルがダメージを受け、剥がれていってしまいます。

長時間紫外線に当たる状況になる場合は、日傘や帽子などで対策をするか、スプレータイプのUVケアをしてください。

化学物質を避ける

キューティクルは外部刺激によるダメージが大きく影響します。カラーリングやパーマ、ブリーチ、縮毛矯正などの液体に入っている化学物質が髪の毛に悪影響を与えます。

髪の毛がスカスカにならないように、カラーやパーマは最低限にとどめておきたいところです。

エイジングケアをする

髪の毛も肌と同じように老化をしていきます。血行が悪くなることで栄養が行き届かなくなったり、キューティクルが弱くなったりしていきます。

加齢で髪の毛が弱くならないように、シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどでしっかりとケアをして、髪の毛がスカスカにならないようにしましょう。

健康な髪はセルフケアが大事

髪の毛は皮膚のように自然治癒する力がありません。傷めた髪の毛は元には戻らないのです。

なので、日頃の髪の毛のケアを怠らずに、しっかりとケアしてあげることが髪の毛のスカスカを予防し、ひいては薄毛やハゲの予防にもなるのです。