最後はやはり営業マンがすべてを物語る。

積極的と話を聞いてくれないのは大きな違い

通常、営業マンという職業は自分のお客様に自分の商品を買わせることである。
そのため営業マンは話術が巧みでどんどん話題を提供して自分のペースにもっていく、いわゆる営業トークで相手をリードしていく積極的な人というイメージがあるだろう。
こちらの欲しい情報をどんどん提供してくれる、いろんな選択肢を出してくれるなど、それ自体は私達が正しく後悔のない家選びをする上で欠かせないことであり不動産会社と付き合うメリットでもある。
しかしそれが成立しているのは、営業マンがこちらの声を聞いてくれていることである。
営業マンが買ってほしい家を私達は選ぶのではない。
私達が本当に欲しい家を営業マンをうまく付き合うことで選ぶのである。
営業トークでお客である私達に家を買わせるのではなく、私達の話に耳を傾けてくれる営業マンをしっかり分けよう。

デメリットを隠さないのは信頼の証

どんな物件にもメリットとデメリットがある。
自分の要望をすべて叶えると予算を超えてしまい手が出せなくなる。
家を機能やデザインが良いのに通勤や家族の学校関係での立地に問題があるなど、この選択肢を取れば他の部分をあきらめなくてはいけないことはあるだろう。
問題なのは選ぶ側としてそれを認知して選択しているか、すべてを知ったうえで納得して選択しているのかということである。
不動産会社はビジネスとして私達に家を紹介している。
お客様に買わせることが一番の目的であるのは会社の利益になることであり、当然のことである。
しかし満足のいく選択をするために不動産会社はデメリットを隠してはいけない。
信頼できる不動産会社は必ずデメリットをきちんと伝えてくれる。
デメリットを単純にネガティブに捉えるのではなく、隠さずに伝えたという信頼と捉えるのも大事な点である。


この記事をシェアする