有名メーカーの信頼性と地元密着に基づくパイプ

選択肢と窓口の多さ

具体的にどの家にするか等、はっきりしていない場合はより多くの選択が得られるという点では全国的な規模を持つ有名ハウスメーカーの方が扱う物件も多いのでそちらがいいだろう。
またデベロッパーによる新築物件は外部のハウスメーカーに施工依頼して行っている。
そのためデザイン性の高い物件や大手のデベロッパーでは大規模分譲住宅があり高いブランド性がある。
また全国的に拠点を持ち、住宅建築事業を持っているパワービルダーという種類の不動産会社もある。
多くの棟数も持っていて、工務店やハウスメーカーよりも低価格帯の住宅が選べる。
住宅のデザイン、機能、立地、予算等。
あなたが新築住宅を購入する時に一番何をもって選ぶのか、その優先順位を決めてから選択をしよう。

限られた条件下で探すならより柔軟性を!

地元でやっている地域密着型の不動産会社の強みは何と言っても地元の太いパイプである。
長年その土地でやっているからこそ全国展開する大手の不動産会社とは違い、彼らの間では仲間意識があり新参者である大手の不動産会社はなかなかその輪に入っていくのは難しいだろう。
地元の仲間意識があるからこそ、交渉においてもある程度の融通が利く。
またなかなか表立って出てこないような掘出物件が入る情報も地元に根付いた不動産会社には入ってくる可能性が高いだろう。
家を選んでいく上で自分の要望をすべて通すのはなかなか難しいだろう。
優先順位をつけて、そのどれかをあきらめなくてはいけない場面も出てくるかもしれない。
新築住宅を選ぶ上で細やかな対応、柔軟な対応を求めていくなら高いネームバリューよりも地元に根付いた地域密着型の不動産会社を覗いてみよう。


この記事をシェアする